メディア情報

講演のご案内

 

 

以下のようなテーマを準備しています。お気軽にお問合せください。

 

  ・屋上菜園ガーデンは都市の病を癒す

   うつ病、孤立感、過剰なストレスの中で都会に住む人々は病んでいます。自然豊かな屋上菜園ガーデンはその予防のために、また癒しのためにどのような効果を発揮するのか、具体的事例も取り上げながらお話します。人間は生きものですから、経済的な効率主義一辺倒ではいつかバランスを崩してしまいます。

 

  ・屋上菜園ガーデンは東京を大江戸化する

   江戸はその時代にあって世界でも稀なエコロジー社会をつくりあげ、人々は成熟した文化を享受していました。それを支えたのが地産地消の農業システムでした。電気も石油も無い時代、人々はどのようにして自給自足を実現し、現代にも続く「江戸文化」を作り上げていったのでしょうか。

 

  ・屋上菜園ガーデンは都市と地方の架け橋

   東日本大震災をきっかけに人と人とのつながりの大切さに改めて気付かされました。都市も地方とのお互いのつながりの中で生きています。生産者と消費者との顔の見える関係、農産物が作られる過程に消費者が参加できる仕組みが求められるようになってきました。

 

  ・屋上菜園ガーデンは社員を元気にし、絆をつくる

屋上菜園ガーデンは見るためのものだけではなく、その中で野菜、果樹に触れ、成長と収穫を楽しむ場です。野菜、果樹をきっかけに会話のキッカケが生まれてきます。

植物の生きる力、成長する有様を実際に目の当たりにすれば元気を貰えます。ネット疲れを癒す恰好の場所にもなります。

 

  ・一緒に野菜づくりをすれば夫婦円満

   シニア夫婦にとって子供達が巣立ってまた二人になった時はある意味で夫婦のありかたが問われる時でもあります。お互いに自由にそれぞれの趣味に生きることも良いでしょうが、一緒に何かできればもっと良いのではないでしょうか。その点、農作業はそれほど費用もかからず、趣味と実益と健康を兼ね、さらに夫婦のコミュニケーションの機会も増やします。シニア夫婦にとって新しいライフスタイルと言えるでしょう。夫婦で一緒に農作業する場合のコツと楽しさをお話します。

 

   ○講演は1回1時間、講演料は一律3万円(交通費別途)です。

 

 

Copyright(c) 2014ミヨシフロンティア 屋上緑化菜園ガーデン -All Rights Reserved.