阿部ブログ

1月12日(火)食物の鉄分と心臓への効果

テレビを見ていたら「たけしの家庭の医学」で心臓にとって効果的は栄養分について特集していた健康を維持するためには1日10mgの鉄分の摂取が必要だが、最近の食生活では鉄分不足が顕著になってきて、それが心臓病にも関係しているとのことだった。テレビでは、池袋大山の総合病院の専門医師と料理研究家が鉄分を多く取れるメニューを開発し、実際に効果を確認していた。鉄分を多く摂れば、一旦衰えた心臓も元気になるとのこと。そこで早速エゴマについて調べてみたところ、エゴマは150gあたり24.6mgの鉄分を含んでいることが分った。一食あたりの目安が3.49mgですので、エゴマの場合1食あたり21g摂取すれば良い、ということになる。エゴマの鉄分の多さはゴマなどに比べダントツだ。今後はαーオレイン酸だけでなく、鉄分も注目されることになるのではないだろうか。因みに野菜ではバジルが多くの鉄分を含んでいる。そのうち「鉄分野菜」という分類も出てくるのではないだろうか。

 

Copyright(c) 2014ミヨシフロンティア 屋上緑化菜園ガーデン -All Rights Reserved.