阿部ブログ

1月17日(日)ナスにはナスの実、 人には人の実

今朝、「朝の詩」1982-2002 新川和江編 幻冬社 を読んでいたらこんな詩に出合った。

 

なすには

なすの花が

きゅうりには

きゅうりの花が

そして実が

 

人間には

人間の花が咲きますか

人間の心が実りますか

 

大阪府高槻市のTさんの詩だ。この後Tさんは次のように続ける。

 

ナスの花や

きゅうりの花を

みているときらっとひかる

いのちがみえる

心がみえる

 

後半の部分は菜園でなす、きゅうりをつくっていると「みえる」ように思う瞬間が確かにある。それはそれとして、私がこの詩を読んで考えさせられたのは、人間の花、人間の心の実り、というところだった。この問いが私のこころに迫ってくるのは、私はまだ花を咲かせたという経験がなく、従って実をつけたという実感がないためかもしれない。70歳代になって咲かせる花は最初で最後、つける実も最初で最後、と思わざるを得ない。そうならば渾身の力を振り絞って花をつけよう。ナス、きゅうりをお手本にして。

Copyright(c) 2014ミヨシフロンティア 屋上緑化菜園ガーデン -All Rights Reserved.