商品メニュー

商品メニュー

『菜園生活セット』の新パンフレット

 

菜園生活セット

○屋上、テラス、ベランダ菜園専用栽培セット、DIYタイプ

○土厚15cmで葉物、実物、根物野菜を栽培も可能に

○栽培指導・栽培受託は、一般社団法人ジャパンベジタブルコミュニティ(JVEC)と連携

 

簡単に「小さな畑」をつくることができます。菜園生活セットは屋上、テラス、ベランダ菜園専用のセットです。安心、安全そして美味しい野菜づくりを今日から楽しむことができます。特別仕様の木枠で虫除け、風除け、鳥除け、暑さ・寒さ除け、そして背が高くなる野菜のための支柱が簡単に、しっかりと立てられます。
パンフレットの各ページのイメージ ↓↓↓

PDF版は右をクリック ⇒ 菜園生活パンフ:20170628改訂版  または下記イメージ(いずれも可)をクリックしてダウンロードができます;

 

菜園生活パンフ(1):20150702改定版

菜園生活パンフ(3):20150702改定版

菜園生活パンフ(4):20150702改定版

(さらに…)


最新施工事例

○ルミネ北千住店 ○市ヶ谷S氏屋上  ○台東区役所屋上モデルガーデン 他 

その他弊社のミニタイプの屋上菜園ガーデン施工があります。

 

さらには ⇒ こちら をクリックしてご参照ください。

 

 

 

 


『屋上菜園ガーデン』パンフレット

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

屋上菜園ガーデン

○屋上で野菜、果樹、ハーブを栽培、そして芝生緑化

○屋上菜園・緑化を通じて建物の環境性能、価値の向上

 当社の屋上菜園ガーデンのパンフレットを ご案内させて頂きます。 タイトルは「時代はグリーンビル、グリーンハウスへ 屋上菜園ガーデンのご案内」です。 屋上菜園ガーデンの業務内容及び施工方法、関連サービスを記載しております。

小規模であればDIY方式で屋上菜園、屋上緑化ができるようになっています。

また、屋上菜園2㎡、芝生緑化3㎡の組み合わせが基本パターンとなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

140229屋上菜園ガーデン140303-1

140229屋上菜園ガーデン140303-2

 


屋上緑化の常識を変える『ロールプランター工法』のパンフレット

屋上緑化の常識を変えるロールプランター式芝生緑化

○ポリエステル製ニットに土を詰めた土のソーセージが植栽基盤  厚さ6cm

○歩ける芝生、エアレーション不要

ご好評を頂いておりますロールプランター工法の新しいパンフレットができましたのでご案内させて頂きます。 今回のパンフレットでは「すぐ使える土と芝生の一体型・ユニットタイプ」を紹介させて頂いております。   面積10㎡~20㎡の緑化であれば一日で施工でき、翌日から芝生の上を歩いたり、くつろいだりバーベキューをしたりすることができます。 ご注文後圃場で製作致しますので、約2ヶ月後の出荷となります。

 

ロールプランター1-01 (2) ロールプランター1-02 (2)


屋上菜園ガーデン関連のエクステリアの販売

 

(グリーンカーテン用立て掛け木枠)

ブドウのグリーンカーテンもできます。耐久性も高く、どこにも立て掛けられます。

ご家庭でもお店でも使うことができます。
写①ブドウのグリーンカーテン

 

 

(東 屋)

屋上では直射日光が溢れています。日陰に入りたい時、また一息つきたい時のためにコンパクトな東屋を開発しました。詳しくはパンフレットをご覧ください。
写②東屋

 

 

(ログハウス)

勉強部屋、工作室用などに最適な小型ログハウスを開発しました。プチ・カフェ用にもご利用頂けます。
写③ログハウス

 

 


屋上・屋根緑化用ロールプランター・ソイルの販売

弊社はニットに土壌を充填したチューブ状の植栽基盤をつくり、屋上緑化・屋根緑化のために簡単でスピーディな施工システムを推進しています。

ロールプランター工法は芝生の小山、デザイン性の高い形状にも対応可能です。芝生への立ち入りOK、メンテナンスも容易な画期的な緑化工法です。是非ご相談ください。

 


屋上菜園の栽培代行及び栽培指導

弊社はビルの屋上菜園の栽培に特化した人材育成、ノウハウの開発を進めています。屋上には屋上に適した栽培方法があります。屋上で有機的、循環的な農作業を進めています。 (さらに…)


屋上菜園・屋上緑化の設計・施工・メンテナンス

弊社は屋上菜園の目的・活用方法に合わせて設計、施工を致します。どのような活用の仕方ができるのか、事前に十分打ち合わせしてから設計、施工に入ります。

屋上菜園で収穫できた野菜、果物をどのように利用するのか、また利用したいのか、はとても重要な課題です。利用の内容に応じ、栽培する野菜、果樹、ハーブの種類を選びます。


屋上菜園用木枠セット「屋上菜園セット」の販売

 

弊社が10年間にわたる屋上菜園活動の中で開発した屋上菜園用施設の決定版です。

 

建物の屋上で野菜を栽培する場合、露地栽培とは異なる点がいくつかあることに注意を払うことが大事です。

1.建物の屋上には日本建築基準法令に基づき、荷重条件について厳しい既成があります。

一般的な建物の場合は積載荷重180kg/㎡、地震力荷重60kg/となっています。屋上用

の軽量な有機土壌を使用しても地震力荷重を基準にした場合、土の比重を1(水を飽和状態に含んだ時)としますと 1㎡当たりの土の厚さ(深さ)は6cm迄、ということになります。

2.屋上で使われる軽量有機土壌はフカフカしているので、支柱をしっかり立てることが

 できません。草丈が高くなる野菜にはしっかりした支柱が必要です。

3.一方野菜栽培の場合は、屋上は地上に比べて強い風が吹きますので、トマト、ナス、キュウリなどの折れやすい苗を守る風除けアンドンが欠かせません。アンドンを支える支柱が必要です

4.また無農薬栽培のためには防虫ネットをかける必要があります。そのために弧状の支柱を使いますが、土壌に差したままでは風に飛ばされ、大きな事故になる恐れがあります。弧状の支柱をしっかり差し込み、固定できる孔が必要です。

 

以上のような問題を弊社の菜園生活セットは解決致します。

1.板厚35mmの木枠に25cm毎に孔が空いています。孔の直径は11mmで貫通、ですので11mmの径の支柱を差し込んで、しっかりと立てることができます。

2.木枠の材料はヒノキです。ヒノキは耐久性抜群の木ですが、弊社では更に耐腐蝕性を高めるためヒノキにガラスのコロイド液を浸透処理しています。

3.ボルトで簡単に組み立てることができます。

 

最後に。弊社の屋上菜園セットは設置(施工ではなく)も簡単ですが、撤去も簡単で

す。そして拡大・縮小も簡単です。まずは1セットから野菜栽培をお始めください。

 

 

 

キットは土厚10cm用と20cm用の2種類を用意しています。実もの、根ものを栽培する場合は20cm用をおススメ致します。簡単に組み立てができ、また分解も容易です。
下記より最新のパンフレット(PDF版)がご覧になれます。
「菜園生活セット」PDFをダウンロードする
panf-23-1  panf-23-3panf-23-4


野菜栽培教室、セミナー

弊社は一人でも多くの方に野菜栽培に関心を持って頂くために、野菜栽培教室を開催しています。シニア向け、主婦向け、女子会向けとプログラムを準備しています。

シニア向けには現在千代田高齢者センターで野菜栽培講座を持っています。女子会向けにはべジカフェ教室を今年の春~夏に開催しました。

また講演活動も行っています。


« Older Entries
Copyright(c) 2014ミヨシフロンティア 屋上緑化菜園ガーデン -All Rights Reserved.